GID(性同一性障害)の改名申請の方法

改名申請の際は申立書の書き方がポイントです!

改名申請の際は申立書の書き方がポイントです!

 

GIDへの社会の理解が少しずつ進んでいるため、以前に比べると改名しやすくなっているようですが、それでもなかなか申請が通らなかったという人もいます。

 

スムーズに改名申請が通るポイントについて、紹介したいと思います。

 

ホルモン注射歴が長く通称名の実績があるにも関わらず、2回却下した友人もいるので、申立書の書き方が大切です。

 

一言で言うと、改名申請の際は名の変更許可の申立書の事情の欄に『なぜ、改名をしたいのか、改名を今する必要があるのか』を論理的に書くことが大切です。

 

その上で、僕が思う重要なポイントですが、「性同一性障害と診断をされている」、「精神的に苦痛である」、「通称名を使い生活をしている」ということについてしっかり書きましょう。小手先の書き方や文章が上手い、下手よりも、相手に理解させ説得させるかがポイントです。

裁判所に行くときの服装や髪型を意識!

また、裁判所に行くときの服装や髪型を意識も重要です。

 

いくら論理的に改名の理由を説明できていても、外見が男性らしくなければ改名をする必要性を疑われる可能性が高いです。

 

地域によって許可されやすかったりもするようです。

 

管理人タカは、なるべく早く許可が欲しかったので名の変更許可の申立書の事情の欄には、論理的にびっしり記入しました。

 

その成果もあり、面談はなしで、申し立てをした2日後に許可の審判書がきました。

 

 

管理人タカの申し立てから2日で改名した申立書の書き方はこちら

 

 SRS(性別適合手術)について

GID・FTMとして生きる上で絶対重要な極秘情報があります!

 

GIDとして生きるために重要な情報があります!

 

 

FTM当事者だからこそわかるGIDの極秘情報!

 

僕が実際に通っている病院や、診断書を一日で取得できた病院、彼女を作る方法などをまとめた特別ページを、下記より公式LINE@にご登録頂きましたらご案内します。

 

一日で診断書を取得できる病院とは?

ホルモン注射を保険適用で打てる病院を公開

二日で改名した申請書の書き方テンプレート

インターネットを使った彼女の作り

彼女を喜ばせる大人の情報