GID 性同一性障害 生命保険

性同一性障害の人は生命保険に入れない?

将来の自分の人生のことを考え始めると出てくる問題です。

 

とにかく早く治療を始めたい! と考えてる方はあまり気にされない、もしくは気づきにくい事なのですが、生命保険についても少し考えてみてはどうでしょうか?

 

さっさと治療を始めたかった僕はそういう知識もなく、男性ホルモン注射を開始してから1年半ほどでSRSを行いました。

 

そしてその後約1年半で戸籍訂正まで完了することが出来ました。

 

僕の場合二十代中盤で戸籍訂正出来たこと、SRSを行えたことでの後悔は一切ありません。

 

しかし、当時の僕にこの知識があれば保険金がいくらかおりた可能性があり、それを知らなかったのは惜しかったなと思います。

 

手術後、しばらくはリハビリの為仕事ができるような状態では無かった為、 生活費がカツカツになってしまった時があったからです。

 

自分が思ったよりも出費が多くなってしまったのは当時の反省点です。こういう時期に多少なりお金がおりたら、もう少し精神的に楽な生活が送れたのかな?と感じています。

 

たまたま生命保険に入ってた方の中には手術後、お金がおりて金銭面が少し楽になって生活を送ってる方も中にはいます。

 

 

・自分は性同一性障害かもしれない。
・まだカウンセリングも行けてない。
・将来治療を行う予定。

 

 

という方はもちろん、上記に当てはまらない方でも生命保険について、一度相談して将来の為に出来れば入る、またはどんな保険に入るかの検討はしてみることを強くお勧めします。

 

この点は僕も、治療を始める前に知っておけたらよかったと思うので、参考にして頂けたら嬉しいです。

 

 カウンセリング・メンタルクリニック

GID・FTMとして生きる上で絶対重要な極秘情報があります!

 

GIDとして生きるために重要な情報があります!

 

 

FTM当事者だからこそわかるGIDの極秘情報!

 

僕が実際に通っている病院や、診断書を一日で取得できた病院、彼女を作る方法などをまとめた特別ページを、下記より公式LINE@にご登録頂きましたらご案内します。

 

一日で診断書を取得できる病院とは?

ホルモン注射を保険適用で打てる病院を公開

二日で改名した申請書の書き方テンプレート

インターネットを使った彼女の作り

彼女を喜ばせる大人の情報